ゲーテ「若きウェルテルの悩み」

ゲーテ「若きウェルテルの悩み」

 

恋する青年の代名詞ともなっている名作古典「若きウェルテルの悩み」

高橋義孝訳 新潮文庫 193ページ)

ゲーテのこと、2あらすじ、3この作品のすごいところ、4名言

今回はこの4点についてご紹介したいと思います!

 

 

 

1.ゲーテってどんな人?

ゲーテは1749年にドイツで生まれます。1749年というと、日本は江戸時代。絶賛鎖国中です。

1774年、ゲーテは25歳の時に「若きウェルテルの悩み」を書きます。まさにうら若き頃、この処女作で一気に文名を高めたのです。

またゲーテは勉強家で、大学で法律を学んだ後、弁護士を開業します。

その後も詩集や小説、戯曲を発表するかたわら、内務長官、宮廷劇場の総監督といった職業にも就く、本当にすごい人。

最後の作品は「ファウスト」、着想から60年をかけて書き上げた大作であり、この作品を書き終えた翌年(1832年)肘掛け椅子の左隅にもたれたまま、82年の生涯を閉ざします。

 

2.「若きウェルテルの悩み」あらすじ

この作品はフィクションではありません。

ゲーテ自身の恋愛、実体験をもとに作られた作品です。

許嫁のいる女性ロッテに恋い焦がれるウェルテルは、自分の恋が遂げられぬ恋であることを知り、苦悩の果てに命を絶とうとします。

 

 

3.この作品のすごいところ

この作品は、当時の小説界に驚嘆の渦を巻き起こします。

まず、書簡という形態で描かれた小説は、当時にとってはとてつもなく斬新な手法でした。

また、17,8世紀の小説は読者に娯楽と知識を提供することを目的としていました。

しかしながら、ゲーテが発表したこの作品は、ひたすら主人公が自分のことを喋り続け、挙句の果てに自殺するといったもの。

驚き、なぜ死ぬ!?

この衝撃的な小説に、いっとき自殺が流行ってしまったほど…

ゲーテが登場するまで18世紀もの間、こんな小説はお目にかかれなかったということですね

 

己の内面と深く向き合い、永遠の愛を留めるために死を選ぶ。

新しい小説でありながら、人間の生き方と深く向かい合ったこの作品は、時代を問わず多くの人に読まれる、古典となります。

 

 

4.最後に

作品の文体の美しさもぜひじっくりと味わってみてください!

名言の宝庫でもあり、恋に悩む人だけでなく、どんな人も励まされます。

ゲーテに惚れること間違いなしです!

 

印象的だった一文をあげて締めくくりたいと思います。

 

 

前人未到の道を歩いて足の裏を一足ごとに傷つけても、その一足一足は悩める魂の鎮痛剤の一滴である。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

荻原浩『二千七百の夏と冬』

今回読んだ荻原浩さんの『二千七百の夏と冬』は、まさに徹夜本!

 

歴史ものでありながら現代と古代がリンクする美味しいストーリー構成。

 

現代の新聞記者である香梛は、ダムの建設中に発掘された、縄文人の人骨について記事を書いていた。

もう一人の主人公は、まさに発掘された人骨、ウルクである。

時は縄文時代弥生時代の狭間で、成人の儀式を控えるウルクは虫歯に悩まされていた。

 

現代と古代のリンク、といったが、このリンクがとても面白い。

 

まず、香梛とウルクは同様に虫歯に悩まされている。

治療といっても歯を抜くしか手段のないウルクはガチで虫歯に悩まされる。しかも虫歯とは別に、成人の儀式で歯抜きをしなければいけないのだ…

恐ろしい。

 

また、冬の前触れである秋には、現代人好物の紅葉が訪れるが、ウルクたちは紅葉を葉の恨み、葉が死にかけ血を流している、とたとえている。

このたとえに、紅葉を楽しむところではない、食物の蓄えだ!衣服を作れ!という縄文時代の厳しさを垣間見ることができる。

 

また現代の日本文化の根源をウルクの目から知ることもできる。

ウルクたちの暮らす自然の中には神がたくさんおり、ウルクたちは山の動物や川の魚は、神が天から落としてくれた恵みであると考えている。神が怒るので獲物の取りすぎはよくない、などこれらの考えはアニミズム概念であり、日本の哲学や文化に深く根ざした考え方である。

 

作中のリンクは香梛とウルクの結びつきを強めるし、なにより部外者である私たち読者もそうだ。

 この知っている、分かる!という快感がたまらない。

現代に通じる共通点を登場させることで物語に入りやすくなった。

 

そして縄文時代特有の、狩猟のシーンが痛快である。

テンポよく進む物語と、つい待ちきれなくて結末の文章を見てしまいそうになるほどの緊張感。

風の動きを読むために頬に唾をつけたり、川の音の種類や矢の作り方など、無人島生活がしたくなるような豆知識もいっぱい。これが本来ヒトの生きる姿なんだなと思った。

 

現代の主人公香梛と縄文人ウルクの恋にも目が離せない。

いつの時代も生き物は恋をしている。

縄文人は今の人間とはかけ離れた存在だと思っていた。

けれどこの本を読んで、縄文人は現代の私たちよりもよほど自然の真理を知り尽くしていたのだと思った。

 

弥生時代の米の普及により、田畑をつくるためのリーダーが生まれ、そこから権力やら国やらができたという人類の歴史はよく知られた話である。

この本を読んでまるでタイムスリップしたかのように、歴史が変わった瞬間をウルクの目から知ることができた。

 

今も現代に残る彼らの生活の跡に、人類の歴史の短さを感じる。

人間が寿命を全うしたとして、90歳まで生きたとすると、それをたったの30回繰り返せば、''二千七百年前''にたどり着くらしい。

獲物の肉は命と引き換え。

便利さは争いと引き換え。

お釜からひょいっと米をすくえるけれど、これを手に入れるのにどれほどの苦労があったのか。結局これを選んで私たちは幸せになったのか。

神も仏もないこの世で、私たちは今までの歴史と自分をもう一度見見直す必要がある。

 

 

 

 

見城徹「たった一人の熱狂」

今回は幻冬舎社長の見城徹さんの本を読みました。

様々なエピソードを短く書いているので比較的読みやすかったです。

 

が、本人は当たり前のことを書いてるつもりでも、命を張っている編集者らしく、ページの向こうから激しいオーラが伝わってきました。

大きい文字と相まってなかなかパワーのある一冊でした。

 

わたしが見城さんを知ったのはNHKのテレビ番組「課外授業 ようこそ先輩」

の再放送でした。

 

見城さんは母校の小学校を訪ね、生徒同士で作文を編集する、という授業を行います。

 

グループごとに分けられ話し合いをするものの、なかなか進まない生徒も居ました。

そんな中見城さんは生徒たちの個性を見つけていきます。

 

個性というと、ずば抜けて完成されたもののようですが、見城さんを見ていると、それが全員にあって、自分からしたらなんでもない、下手したらくだらないことなのだと気づきました。

一見全然かっこよくなかったり地味

だけれど魅力的、なものも個性であり、彼はそれを見抜いて引きずり出す天才でした。

 

本書には彼の信念や人間性が淡々と綴られています。

どれも正真正銘の彼の強い言葉です。

 

見城さんは学生の頃いじめられていたと語っています。

 

「今ある現状がどんなにひどくても、それはプロセスになる。大事なのは最後死ぬ時自分がどう思うかである。」

 

孤独を味わい、自分と見つめ合ってきた人は強い。

自分の生き方を肯定させられ、そしてこんなもんでいいのかと焦せらされる本でした。

 

ぜひこの生きた強い言葉を味わってみてください。

瀬尾まいこ『卵の緒』

僕は捨て子だ

 

この続きがなんとも気になる一文から、このお話は始まる。

 

わずか81ページほどの短編だが、ページをめくる手を止められない、それくらい魅力にあふれる登場人物ばかりだった。

 

特に主人公の母の愛は偉大である。

天真爛漫な母の言葉に振り回され続ける主人公だが、彼らの周囲にはしっかりとした愛の感触で溢れている。

題名の柔らかさとも相回って、とても温かく大切にしたい一冊になった。

 

新潮文庫の本書には2編の短編集が収録されています。

ぜひ読んでみてください、おすすめです

乃南アサ『しゃぼん玉』

今回は初めて読む作家さん、乃南アサさんです。

ちょっとした描写から容易に登場人物の人格を想像できるくらい、分かりやすい文章をかく人で、スピード感もありページをめくる手が止まらず。

 

『しゃぼん玉』の主人公は、強盗で日々の生計を立てている。地図も何も見ずに一心不乱に逃げた先は、九州の山奥だった。

 

殺す、という考え方を近くに置き、「しょうがない」「仕方ない」という考え方がクセになっている主人公は、そう思うことで自らの罪から目をそらしていた。

 

程度の差はあれど、みんなも思ったことがあるんじゃないか。「めんどうくさい」「知らない」「関係ない」と。

わたし自身にもある。斜に構えて全力で楽しむことをしない、できない。責任を持ちたくないし、新しい環境をまたつくるのであれば、このままぬくぬくと過ごしていたい、と。

 

罪を重ねようとする主人公に焦らされた。

彼は自分がこうなった原因を家族のせいにしている。確かにDVや言葉の暴力など、家が劣悪な状態では成長に大きな妨げとなるだろう。

愛なくして豊かな心は育たない。

 

23歳の主人公は見知らぬ山奥の村で、心の休憩をとる。

温かいお湯で傷口を洗うように、癒えていく傷と、しかし少しの痛みを伴う罪悪感から、主人公は前に進んでいく。

 

人にはやはり温かく愛のある場所が必要なこと、人の内面や背景を知るのは大事なことだと思った。

 

日常すれ違う人々の今までの歴史など、そう簡単にわかるものではないが、本なら、性別の違う人、歳の違う人、国の違う人、犯罪を犯してしまった人、様々な人の背景に触れることができる。

例えそれが作られた世界の話だとしても、読書をすることで多面的に見る力が養われていくとわたしは考える。

 

仕方ないと諦め、逃げる人に、どう一緒に楽しめるか、成長できるか、横のつながりの大切さを、この山奥の村で教えられた。

西加奈子『こうふく みどりの』

大阪に住む中学生、緑が主人公。

『こうふく あかの』とシリーズもの、上下巻のように見えるが、舞台や時代設定は大きく異なる。

2つに共通しているのはプロレスラーの猪木さん。

『あおい』でもでてきたこのキーワードは、作者さんにとっても何か思い出のあるものなのだろうと思った。

 

西さんは登場人物の人生をとても自然に描く。わざとらしい悲劇を用意したりしない。

死ぬということの当たり前さと同じように、悲劇も喜劇も或る日突然当たり前の顔をしてやってくる。

みんなに平等に。

みんな何かしら大変で、みんな生きてるのよ、と。淡々とした文には命を感じる。

 

シゲオを刺してしまった夫が、刑務所で妻と猪木の言葉を復唱するシーンは印象的だった。

 

びっくりするようなシーンではないのに、それを復唱する2人が、殺人を犯したのにも関わらず、すごく清らかで、ハッと息を呑んでしまった。

 

その息は心臓を回って、どくりと鼓動を1つ大きくした。

 

どこの誰ともわからない人の心臓を、文字だけで乱れさせてしまう。作家って本当にすごいと思った。

 

だから本ってやっぱり捨てられないし、手元に置いておきたいと思う。

理解できない、感動できない本だったとしても、いつかそれを必要とする日が来るかもしれない。

その時まで本は、じっとページを閉じて待っていてくれる。

 

 

西加奈子『あおい』

小学館文庫特有のツヤツヤした紙と、くっきりした黒い文字が好きだ。

今回は西加奈子さんのあおいを読んだ。

西さんのデビュー作でもあるこの本は、最初から強烈に光っている。

この人は本当にすごいなと。

怯えも見られない素直な表現で、日常を描いている。

それはどきりとするような突きつけ方ではなくて、するりと柔らかく心に入り込む。

冒頭から持って行かれてしまうのだ。

一番衝撃を受けたのは同作者の「きいろいゾウ」だが、今回も負けずに一瞬で世界観に引き込まれる冒頭だった。

 

大阪弁で繰り広げられる登場人物の会話は、方言の強さを感じる。

大阪弁ってとても強いと思う。

シリアスな場面でも、大阪弁で会話をすることで心に隙間が生まれる。

大事なことを話してるのは変わりないのに、その方言の柔らかさによって雰囲気が緩み、とたんに話しやすくなる。

大阪弁はそれが一番強いと思う。

 

性的な描写も、西さんが描けばアフリカの大地にいるような、当たり前で全くいやらしさの感じられないものになる。

今まで出会ってきた作家さんで、一番気持ちの良い描き方をすると思う。

 

「あおい」は3編からなる短編小説である。

それぞれとても素敵で、デビュー作らしく、最近の西さんとはまた違った風味を味わうことができる。

ぜひおすすめです!